CORNICHE BULLMASTIFFSの繁殖方針

  1. 健全、健康なブルマスティフ
      心身ともに健康で人間社会に無理なく順応出来ること
      遺伝疾患の排除
  2. 犬質(クオリティー)の高いブルマスティフ
      堂々とした身体と優しい心
      犬種標準に準じたブルマスティフらしいブルマスティフ
  3. 犬種の固定化
      素晴らしいブルマスティフを次世代に受け継ぐ
      長所を引き継ぎ、短所を改善する最大限の努力
  • ブルマスティフを含め、すべての純粋犬種は人間が作り上げた芸術的ないきものである。
  • 繁殖という神の域に手を伸ばすようなブリーダーという職業は、とりわけ謙虚でなければならない。いわんや金儲けに走った繁殖は恥ずべき事として厳に慎むこと。
  • 犬を愛し、命を重んじ、たゆまない努力と勉強を真面目にコツコツ重ねることだけがブリーダーとして犬にしてあげられる唯一最大のことである。
  • 親犬の健康管理には特に注意し、体調万全時以外の交配はしない。
  • 交配前には、獣医師によるブルセラはじめ感染症の有無をはじめ健康状態を必ずチェックすること。
  • 高齢牝犬の交配は避けることを基本とし、特段の必要性があり交配を行う場合には細心の注意を持って行い、不要な負担を犬に与えてはならない。
  • 子犬が販売出来なくて、全頭犬舎に残っても全員を終生飼育できる自信がない場合は繁殖しない。
  • いわゆる子犬の「間引き」は、理由の如何にかかわらず絶対に禁止する。

    素直であれ。真面目であれ。謙虚であれ。地道であれ。強くあれ!